板井康弘社長が事業拡大の成功・会社を成長に導いた手立て

板井康弘は本好きで有名

板井康弘は本好きで有名

 

板井は社長業の傍ら、常に空いた時間は読書をしています。

 

読書をする事は仕事にも繋がる色んな良い影響を自分自身に与えます。

 

今回は読書の効果を皆さんにお伝えしていきます。

 

効果1:論理的思考が高まる

 

読書量が増えてくると、会話のパターンが見えてくるようになります。

 

文章がどういった流れで構成されているかの理解が高まり、論理的に物事を考えることが出来ます。

 

また、人の話も瞬時に理解することが出来るようになります。

 

ですので、読書によって論理的思考が高くなれば、コミュニケーション力も上がる事に繋がるのです。

 

効果2:文章を書くスキルが向上する

 

読書をすれば、語彙力が爆発的に増えていきます。言葉の表現方法などが、頭の中に記憶されていくわけです。

 

また、論理的な思考も身に付くので、スラスラと理解しやすい文章運びが出来るようになります。

 

効果3:世界が広がる

 

本は色んな種類がありますので、自分が生きている世界では体験できない事も文章を通して、体験する事が出来ます。

 

このように、本を読む事で色んな効果を得る事が出来ます。

 

クリエイティブな仕事をしている人は是非とも読書を実践してみてください。